東京工業大学 生命理工学院
 バイオコン  
第16回 東工大バイオコン2020

2020年11月21日(土)終了しました!

開催報告はこちらから。

最後のバイオコンとなりましたが、「今までで一番よかった!」と多くの関係者の皆様から、高評価をいただきました。オンラインでのミーティングや実験が進められない中で、頑張ってくれた1年生たちに拍手を送りたいと思います👏👏👏
多くの皆様に支えられた「東工大バイオコン」でした。改めて関係者の皆様、16年間誠にありがとうございました。


過去の様子は こちらをご覧ください。

バイオコン作品

バイオコンは本学生命理工学院の1年生が履修する講義「ものつくり1,2」での成果を発表し競うコンテストです。チームに分かれた学生たちが、およそ半年をかけて「バイオに関するものつくり」を行います。

バイオコン発表

学生はチーム内で話し合い、実験、製作などを繰り返し、それぞれの「ものつくり」を完成させます。 その成果を「バイオコン」というコンテストの場で発表し、競い合います。
バイオコン当日は、すずかけキャンパス・すずかけホール壇上でプレゼン形式にて発表します。 発表後は一般のご来場の方々に実際に作品を体験していただく「おためしタイム」があります。

バイオコンお試しタイム

作品は審査員と参加した学生、おためしタイムで体験して頂いたご来場者の方全員に評価していただきます。
1位~3位、産学連携賞、審査員奨励賞、ものつくりセンター賞があり、 教材の内容やオリジナリティー、プレゼンテーション力など幅広い範囲で高く評価されたチームに与えられます。

バイオコン表彰

是非、バイオコンならびに「おためしタイム」にお越し下さい!

お問い合わせ

昨年の開催の様子はこちらから >>